Image top

心配なこと、不安なこと
ひとりで抱え込まず
なんでもご相談ください。

お母さんと赤ちゃんの“安全と満足”のお産をわたしたちがサポートいたします。

Text Top

分娩について分娩について

Pic Content分娩について

分娩費用

分娩費用(目安)約47~50万円前後程(差額室代込み、後述費用以外の総額)となります。
管理・分娩内容により追加料金が生じます。
分娩後のお部屋は個室(2階)と、ご家族も宿泊できる個室(3階)があります。

産科医療補償制度

平成21年10月より国の制度として始まった「出産育児一時金等の 医療機関等への直接支払制度」をご利用いただくことができます。
妊婦の方がご加入されている医療保険者に、当院が妊婦の方に代わって出産育児一時金を請求いたします。
支給額は42万円(産科医療補償制度加算対象※2次ページ参照)ですので、退院時に当院からご請求する入院分娩費用総額 から42万円を差し引いた額のみをお支払いいただくようになります。

立会い出産

ご家族の方は立ち会っていただけますが、分娩の進行経過等によって退出をお願いすることや、お断りする場合もあります。
また、最低限のマナーの守れない方は、立ち会いをお断りさせて頂く場合もありますのでご了承下さい。
ビデオ撮影は可能です。

入院について入院について

入院時期

  1. 規則的な子宮の張りがあった場合(陣痛の目安)
    初産の方  1時間に6回以上
    経産の方  1時間に4回以上
  2. 破水した時(水がおりた時)
  3. 出血(多めの)時、異常腹痛時、胎動がまったく無いなど、何か異常を感じた時
  4. 経産の方は初産の時よりも分娩時間が短いので、早めにご連絡下さい。
  5. 入院の際は、ご本人よりお電話をかけて頂き、看護スタッフに、氏名、妊娠週数、何度目のお産か、陣痛が何分おきにあるか、何秒ぐらい痛みが続くか、いつ破水したのか等をお話下さい。
  6. 夜間・休日・時間外は北口インターホンからお呼びください。
※妊娠37週以降が正期産となります。
※妊娠37週以前でも上記の症状があった場合はご連絡下さい。

入院の際にお持ちいただくもの

基本的に何の準備も持たずに急に入院になっても、病院内にほとんどのものはそろえてあります。

  • 母子手帳  診察券  印鑑  筆記用具 ウェルカメテキストブック
  • 保険証(ご本人が被保険者の場合、ご主人の保険証もご持参下さい(コピーでも可))
    ※ 保険証は紛失防止のため、母子手帳に挟まずご本人で保管をお願い致します。
  • 産褥ショーツ2~3枚、産後用ブラジャー(乳帯)2~3枚、靴下
退院時にはベビードレス、下着、おむつを当院で用意しますので、おくるみのみご用意ください。

院内でご用意しているもの

  • アメニティーセット(歯磨き・ブラシ・ナイロンタオル・コップ・洗顔料・化粧水・乳液・)
  • 分娩セット(お産用ナプキン・産褥ショーツ・臍処置セット・おしり拭き)
  • ティーセット(カップ・お茶・コーヒー類)
  • 分娩着、バスタオル、フェイスタオル、電気ポット、ドライヤー、スリッパ
  • 赤ちゃん用品(ベビーコット、ベビー服、紙おむつ、お尻拭き、ミルク、哺乳瓶)
    ※足りなくなったものは自販機にて購入できます

入院中のお食事

出産で疲れた体の回復はもちろん、母乳のことも考えた栄養バランスのとれたメニューをご用意しています。
出産祝いのサービスとしてお祝い膳を産後4日目にご用意させて頂きます。
入院中のお食事入院中のお食事 入院中のお食事入院中のお食事 入院中のお食事入院中のお食事

エステサービス

2階デイルームにエステルームがあります。
入院中の疲れた体をリフレッシュしてください。すべて無料です。
フェイシャルエステ・アロマセラピーは入院日によりご利用いただけない場合もあります。

Pic Contentエステサービス

おおひらレディスクリニック 当院へのアクセス

ページ先頭へ